コピーライティング

現代広告の心理技術101の内容を8分1にまとめました

こんにちは、小川です。

この記事では、『現代広告の心理技術101』を読むべきか読まないべきかの判断材料をお伝えします。

現代広告の心理技術の問題点

この『現代広告の心理技術』、

全部で343ページもあります。

さらに、読むのが非常に退屈になる書き方です。

 

自分は、この全343ページを読み切る間に、

20回以上は我慢できない眠気に誘われ、

全部読み終わるのに1か月はかかりました。(笑)

 

著書のドルー・エリック・ホイットマンが悪いのではありません。

主に、以下の2点が原因です。

・日本語訳が下手で、何を言っているのか分からない

・アメリカの事例がそのままで意味が伝わらない

 

たとえばこんなことが書かれている…

『ソファーにどかっと腰を下ろし、となりのサインフェルドの再放送を見る…。これぞまさしく人間の惰性ではないか!奇跡でも起こらない限り、立ち上がって服を着替え、ルームランナーの上を走ることもない。』

 

「???」

この人は何を言いたいんだ?

とにかく理解するまで時間がかかる…。

 

ストレスを抱えながら読み続ける苦痛ほど苦痛なものはありませんよね。

これが、『現代広告の心理技術101』の問題点です。

現代広告の心理技術は読むべきでない?

結論から言うと、そんなことはありません。

広告、セールスコピーライティングで知っておくべきことが、全て詰まっていると言っても過言ではありません。

 

ただ、とにかく読みにくいんです。

ノウハウを吸収するのも一苦労。

だから、バイブルとしては不適切と言えます。

 

ですから、

他の書籍でもよく語られている部分は捨て、この書籍から学ぶ価値のある部分だけ読みましょう。

ここから先は、その学ぶ価値のある読むべきページをあなたにご紹介していきます。

現代広告の心理技術 全343ページで読むべき41ページ

P.29

生命の8つの躍動

  1. 人生を楽しみ、長生きしたい
  2. 食べ物、飲み物を味わいたい
  3. 恐怖、痛み、危険を免れたい
  4. 性的に交わりたい
  5. 快適に暮らしたい
  6. 他人に優り、世の中に後れを取りたくない
  7. 愛する人を気遣い、守りたい
  8. 社会的に認められたい

これらは、人間誰しもが備えている欲求です。

コピーの中に、これらの欲求のどれかを刺激するような表現を使ってください。

ただそれだけ。

もうこの部分は読まなくて大丈夫ですね。(笑)

P.51

『説得するためのアイデアや証拠など不要だ。相手が見たいと思っているイメージを示すことにのみ的を絞ればいい。』

現代広告の心理技術101では、このイメージに関しての話がいくつも出てきます。

そして、このイメージについて学べることが、現代広告の心理技術101の大きな特徴だとも思っています。

P.62-66

『消費者は必ずしも製品の長所にもとづき何かを買うわけではなく、主に帰属意識にもとづいて買う。』

いわゆる、コミュニティ理論のテクニックですね。

「参加する」

この言葉が意味する重要性は、ぜひ知っておいてほしいところです。

P.84-85

読み手に批判的思考を持たせずに、こちらの意図するように反応してもらうテクニックについて書かれています。

P.86-90

ここで書かれている「中心経路」と「周辺経路」については、

まさに、『現代広告の心理技術101』でしか学べない内容と言えます。

ぜひ読んでおきましょう。

P.218-233

『商品説明とは脳内に動画をインストールすること』

ここでは、コピーにイメージを持たせる重要性について書かれています。

P.266-271

短いコピーと長いコピー

どちらが効果的か、よく聞かれる議論ですよね。

もし答えを知らない場合は、この本で解決しておきましょう。

P.306-310

消費者が好きな色、嫌いな色

知っていますか?

答えを知りたい方は、コメントで質問してください

私がこの本の代わりに答えを教えてあげますよ!(笑)

現代広告の心理技術101のまとめ

現代広告の心理技術101で学ぶべきことは、

  • 中心経路と周辺経路を意識したコピーを書くこと
  • 読み手にイメージをさせるコピーを書くこと

この2つくらいだと思います。

 

他にも、顧客心理にアプローチするテクニックが数多く載っているので、読めば役に立つのは間違いないです。

ですので、サラっと読んで、「顧客心理を意識してコピーを書くことが重要なんだなあ」と掴んでいただければと。

『現代広告の心理技術』はこちら

それでは!

コレでもう集客に迷わない!

■内容の一部を紹介

・知らないと損する5つの顧客段階

・あなたの独占市場をつくるリスト構築

・ブログ、youtube、Twitterなど一般的なWEB集客の方法とそのデメリット

・即効性のある集客が無料でできる方法

・筋トレビジネスを始めたクライアントが30万円の利益を出すまでに行った4つのステップ

・周りがコツコツとブログやyoutubeを更新する中、1ヶ月で100人の見込み客を集める方法

などを学ぶことができます。

 

■読者が100人を超え次第、有料コンテンツにします

労働型のネット集客で疲れた人、もう集客で悩みたくない人は今すぐ無料でダウンロードをしてみてください。

今すぐ無料ダウンロード