ブログライティング

ブログを音声入力で書いてみたけど、圧倒的に非効率だった

小川
小川
ブログの音声入力、挑戦してみたけれど圧倒的に非効率でした。

 

誰しも一回は、「ブログって音声入力で書いた方が楽なんじゃないの?」と考えたことがあるんじゃないでしょうか?

 

ということで、挑戦してみました。

結論、圧倒的に非効率。

 

詳しく解説していきますね。

ブログの音声入力、技術自体のクオリティは高かった

そもそも技術的に…という問題はありませんでした。

使ったのはmacに標準装備されている音声入力の機能ですね。

 

なんと、fnキーを2回押すだけで、メモ帳だろうがGoogleドキュメントだろうがなんだろうが、音声入力に切り替わります。

すごい…。

※調べればWindowsでも問題なく使える音声入力があるはずです。

 

昔は変なツールを有料で導入したりしてたんですけどね…。

その有料ツールより精度の高い音声入力がなんと無料で提供されているという。

技術の進歩ってすごいです、ほんと。

 

というわけで、音声入力に技術的な問題は全くありませんし、誰でも簡単に使えます。

ですが、ここで大きな課題にぶつかりました。

僕がブログの音声入力に挑戦し、挫折した理由

理由は以下の通りです。

①丁寧にスムーズに話さないといけないけれど、それは台本がないと厳しい

②結局、音声入力された文章を修正するのに時間がかかる

③総合的に考えると、タイピングの方が楽だった

 

いくら音声入力の精度が上がったといっても、やっぱり丁寧に話さないと誤字脱字が多いんですよね。

同音異義語の対応もどうしてもできませんし。

 

で、丁寧にスムーズに話すとなると台本が必要になります。

そうなると、音声入力の意味とは?台本つくるならそのまま文章入力すれば?という話になります。

 

また、結局のところ誤字脱字等の細かな修正が必要です。

だったら「初めからタイピングで文章を書いた方が速い」というのが僕の結論でした。

結論、音声入力でブログを書く練習をするなら、タイピング(ブラインドタッチ)を身につけた方が良いと思う

僕は元々タイピングスピードも遅くなくブラインドタッチもできるので、音声入力と比較した結果、すぐにタイピングの方が楽という結論に至りました。

 

では、タイピングの方が苦手な人だったら?

僕は、タイピングを練習する方をおすすめします。

 

タイピング能力は、ブログを書く以外のところでも活躍しますしね。

ブログを運営すること=パソコンを利用するということなので、全ての作業においてタイピングスピードが有利に働きます。

 

小川
小川
会社で仕事をしていた時も思いましたが、タイピングスピードが早い人と遅い人では仕事の効率に圧倒的な差があります。

正直、「今日も残業だー」という上司(おじさん)に対し、だったら仕事を頑張る前にタイピング鍛えた方が効果的だよなぁと心の中で思っていました。

 

補足として、タイピングが苦手な人にタイピングの習得方法を解説したいと思います。

タイピング(ブラインドタッチ)の練習方法を紹介

僕が実践していたのは、「寿司打+歌いながらタイピング」です。笑

寿司打は、無料でできるタイピングゲームです。

ゲーム自体が面白くて夢中になれるので、一切の苦もなくタイピングを習得できます。

 

歌いながらタイピングというのは、僕が大学4年の時に実践していた独自の練習法です。笑

その当時、卒論を書いていたのですが、卒論って書籍からの引用を書くのが多かったんですよね。

 

で、書籍なのでコピペができず自分で打つしかありませんでした。

とにかく単純作業の苦行なので、その時に同時にタイピングの練習をしようと編み出したのが、「歌いながらタイピング」です。

 

小川
小川
やることは簡単で、歌いながら卒論の引用をタイピングで打っていました。

タイピング、特にブラインドタッチを習得した人ならわかると思いますが、タイピングって無意識の動きなんですよね。

 

自転車と同じです。

自転車を乗る練習の時って、漕ぐ作業をすごい意識的にやっていたと思うんです。

でも、今って「漕ぐ」という動作は無意識に行なっていますよね?

どうして漕ぐことができているのかを論理的に説明するのって難しいと思います。

感覚なので。

 

タイピングも同じです。

自分がどうしてこんなに速くタイピングができるのか、自分でもわかっていないんですよね。

指がどういう風に動いているのかも、自分で理解できていない。

だけど何故かタイピングできる。

そんな状態です。

 

この状態まで持っていきたかったので僕は、強制的に無意識のタイピング状態を生み出す「歌いながらタイピング」を考案しました!笑

 

思考は歌うことにほぼ奪われているので、無意識のタイピングができないと文章が打てません。

ですので初めは本当に難しいのですが、何度もやってると次第にできるようになるんですよね。不思議なことに。

 

卒論の引用の場合、引用元の文章を見ながら正しく文章がタイピングできてるかまで確認しなければいけないので、自分の手元を見てる余裕がないんですよね。

結果、自然とブラインドタッチまで習得しています。

 

どうでしょう?完璧じゃないでしょうか?笑

卒論を書き終える頃には、タイピングを完全マスターしていましたね。

 

卒論の部分は何に置き換えてもいいので、ぜひ「寿司打+歌いながらタイピング」を実践してみていただければと思います。

一度身につけてしまえば、どう考えても音声入力より楽なことに気づくはずです。

それでは!

コレでもう集客に迷わない!

■内容の一部を紹介

・知らないと損する5つの顧客段階

・あなたの独占市場をつくるリスト構築

・ブログ、youtube、Twitterなど一般的なWEB集客の方法とそのデメリット

・即効性のある集客が無料でできる方法

・筋トレビジネスを始めたクライアントが30万円の利益を出すまでに行った4つのステップ

・周りがコツコツとブログやyoutubeを更新する中、1ヶ月で100人の見込み客を集める方法

などを学ぶことができます。

 

■読者が100人を超え次第、有料コンテンツにします

労働型のネット集客で疲れた人、もう集客で悩みたくない人は今すぐ無料でダウンロードをしてみてください。

今すぐ無料ダウンロード