ブログライティング

ブログを書く時間がなかった僕が使った時短ブログライティング

ブログを書く時間がない人
ブログを書く時間がない人
副業しながらのブログはなかなか時間が取れない。夜は眠くなってしまうし。一体どうすれば…。

こういった悩みを解消します。

 

どうも、小川順一です。

僕自身、現在はフリーランスなのでブログを書く時間は十分にありますが、副業時代はやはり苦労しました。

ブログを書く時間の捻出もそうですし、1記事1記事に時間がかかっていたので。

 

そこで今回は、副業時代から続けている時短ブログライティングをご紹介します。

今回のテクニックを使うことで、僕は副業をしながらでもブログの毎日更新を実現することができるようになりました。

ブログを書く時間は朝でした。帰宅してからの執筆はムリ!

小川
小川
当初は帰宅後の22時〜23時に時間を取って書いていましたが、頭が回らなくてムリでした…。

21時ごろ帰宅→晩御飯→22時から執筆という流れを考えていましたが、

仕事の疲れ&寝る時間が近い&ご飯食べると眠気がくるの3連打で、どうしてもムリでした。

 

結果、僕はブログを書く時間を「朝」に変更することに。

初めは大変でしたが、慣れれば一番頭がスッキリしている時間帯&ご飯を食べる前なので、かなり集中力を発揮できました。

 

何より、朝の時点で「やらなければいけないブログの執筆」が終わっているので、本当に心が軽くなります。

帰宅後は、精神力を回復させるためにも全力で遊べばOK。

1日の充実度も上がると思いますね。

ブログを書く時間を短縮する時短ブログライティング

小川
小川
では次に、実際にブログを書く時間を短縮するためのテクニックをご紹介していきますね。

具体的には、下記の通り。

①事前にキーワードリストを作成しておく

②ブログを書く朝以外の時間に、事前調査を終わらせておく

③ブログ記事のテンプレートを用意しておく

④細かな装飾は、休日にやる

それぞれ解説していきますね。

①事前にキーワードリストを作成しておく

小川
小川
ブログのネタ探しに時間をかけていませんか?

下記の記事で詳しく解説していますが、事前にキーワードリストを作成しておくことで、ブログのネタ探しの時間を0にすることができます。

>>参考:僕がブログのネタ切れに一度も困ったことがない理由【誰にでも使えるノウハウです】

 

そもそも初めのブログ設計の段階で、ブログに何を書くか?は決めておくべきです。

・ブログ全体(TOPページ)でどのキーワードを攻略するのか?

・では、そのキーワードを攻略するためにどんなカテゴリ(キーワード)を攻略していくのか?

・では、そのカテゴリを攻略するために必要な個別記事(キーワード)とは?

 

上記を決めないということは、戦略のないままにブログを始めているということです。

当然、上手くいきませんよね?

 

ですから必ず、始めにブログ設計をしてキーワードリストを作成しておきましょう。

②ブログを書く朝以外の時間に、事前調査を終わらせておく

小川
小川
ブログ記事は事前準備が9割です。

ですので、朝の1〜2時間で「事前準備+ブログの執筆」まで終わらせるのは不可能でした。

 

そこで僕は、通勤時間・昼休憩・休日などの時間を活用して、この事前準備を終わらせるようにしました。

朝の段階では、すでにネタも決まってますし事前準備で全体構成も固まっているので、後はテンプレートに流し込んで記事を書くだけの状態が出来上がっています。

 

🔽事前準備については、下記の記事で解説しています。後ほど解説するテンプレートの記事と同じものです。

>>参考:初めてのブログの書き方テンプレート【初心者でもすんなり書ける】

③ブログ記事のテンプレートを用意しておく

小川
小川
時短ブログライティングの最大のコツが、テンプレートを用意しておくことです。

事前準備さえ終わっていれば、後はテンプレートに流し込むだけでブログ記事を完成させることができます。

🔽テンプレートは下記の記事を参照してください。

>>参考:初めてのブログの書き方テンプレート【初心者でもすんなり書ける】

 

ちなみに、現在の僕はテンプレートを使用していません。

というより、テンプレートに沿ったブログライティングが身体に染み付いている状態ですね。

 

ここで1つ注意点があります。

初めはテンプレートを使うことで逆に書きづらく、時間がかかってしまうかもしれません。

ブログを書く時間がない人
ブログを書く時間がない人
もしかして、こんなに時間がかかるならテンプレートを使わない方がいいのでは…?

と悩んでしまう人もいるかもしれませんが、迷わずテンプレートを使用してください。

 

なぜなら、テンプレートに慣れることで確実に時短ブログライティングが身につくからです。

今あなたが1記事を書くのに何時間かかっていても全く問題ありません。

もし今あなたが1記事に3時間かかっていたとしても、それが今後ずっと続くわけではありません。

ブログを継続することで、徐々にブログを書く時間が減っていきます。

④細かな装飾は、休日にやる

小川
小川
要は、「ネタ決め・事前準備・執筆・装飾」を別々に行うのが、時短ブログライティングの真髄です。

ブログを1記事完成させるのに必要な工程が、「ネタ極め⇨事前準備⇨執筆⇨装飾」です。

そして、

・ネタ極め:事前にキーワードリストを作成しておく

・事前準備:空き時間や休日に終わらせる

・執筆:朝に書く

・装飾:休日にまとめて終わらせる

このように分解して終わらせていきます。

 

装飾というのは、目立たせたい部分を赤字にしたり、改行の調整をしたりなどの細かい調整のことですね。

意外と時間がかかるので、朝の執筆の時間にやってしまうと時間が足りなくなる可能性があります。

また、装飾をするのと同時に誤字脱字のチェックなどもできるので、一石二鳥ですね。

ブログを書く時間がなかった僕が使った時短ブログライティング まとめ

時短ブログライティングは、以下の通り。

①事前にキーワードリストを作成しておく

②ブログを書く朝以外の時間に、事前調査を終わらせておく

③ブログ記事のテンプレートを用意しておく

④細かな装飾は、休日にやる

1記事の作成工程を細かく分解することで、毎朝1記事更新ができる状態を作り出し、毎日更新の習慣化を実現するのがポイントです。

 

この話をすると、

ブログを書く時間がない人
ブログを書く時間がない人
わざわざこんなことをしなくても、休日に複数の記事をまとめて書いちゃいけないんですか?

という質問が来るため、回答しておきますね。

 

休日にまとめて記事を書くこともできますが、

・ブログを毎日更新する習慣化につながらない

・精神力的に書ける記事数の限界があり、効率が悪い

といった理由から、推奨していません。

 

休日には、「複数の記事の事前準備(3〜5記事分ほど)+その週に執筆したブログ記事の細かい装飾・チェックをし完成させる」という作業に集中します。

そして、毎日の空き時間に、残りの記事の事前準備を進めます。

後は、毎朝ブログの記事執筆をしていくだけです。

 

この流れが習慣化させることで、僕は副業をしながらでもブログの毎日更新を実現することができるようになりました。

ぜひあなたも実践してみてください。

🔽テンプレートは下記の記事を参照してください。

>>参考:初めてのブログの書き方テンプレート【初心者でもすんなり書ける】

それでは!

コレでもう集客に迷わない!

■内容の一部を紹介

・知らないと損する5つの顧客段階

・あなたの独占市場をつくるリスト構築

・ブログ、youtube、Twitterなど一般的なWEB集客の方法とそのデメリット

・即効性のある集客が無料でできる方法

・筋トレビジネスを始めたクライアントが30万円の利益を出すまでに行った4つのステップ

・周りがコツコツとブログやyoutubeを更新する中、1ヶ月で100人の見込み客を集める方法

などを学ぶことができます。

 

■読者が100人を超え次第、有料コンテンツにします

労働型のネット集客で疲れた人、もう集客で悩みたくない人は今すぐ無料でダウンロードをしてみてください。

今すぐ無料ダウンロード