ブログライティング

ブログ記事の正しいリサーチ法と誤ったリサーチ法について解説します

ブログ記事のリサーチで悩む人
ブログ記事のリサーチで悩む人
ブログ記事を書く前のリサーチが重要と聞いた。でも、一体どうすれば良いのかな…

こういった悩みを解消します。

 

この記事では、僕が実践しているリサーチ法と、よくやりがちな間違いについて解説します。

参考になれば幸いです。

ブログ記事でリサーチをする目的

小川
小川
ブログに必要な記事は「誰かの悩みを解消する記事」です。

このことについては、当ブログでも何度も述べています。

 

ですから僕は、

誰に向けて記事を書くのか?

これを明確にするためにリサーチをしています。

 

どんな悩みや願望を抱えた誰に向けて記事を書くのかが明確になれば、どういった解決策を書けば良いのか?という、ブログの中身も具体的に決まってくるからですね。

注意!ブログ記事のリサーチでは、解決策はリサーチしない

リサーチでは、狙っているキーワードで実際に検索して、上位10記事ほどを読み込んでリサーチをします。

注意しなければいけないのは、ここで上位10記事に書いてある解決策に引っ張られないことです。

 

よくやりがちなのが、色々な解決策をリサーチして、それをまとめる形で記事を書くやり方ですね。

このやり方だと、ブログ記事のオリジナリティが出ませんし、読者にベストな解決策を提示できるかわかりません。

ですから僕は、解決策のリサーチは推奨していません。

 

リサーチするのは、あくまで「誰に向けて記事を書くのか?」を明確にするためであり、そのために読者の悩みや願望をリサーチしていきます。

ブログ記事でリサーチをするのは、検索ユーザーの悩みと願望のみ【テンプレートあり】

僕は、誰に?を明確にするために、下記のテンプレートを使用してリサーチをしています。

初めてのブログの書き方テンプレート【事前準備編】

・キーワード

・ターゲット

・どんな悩みを抱えている人か?

・どんな願望を抱えている人か?
(どうなりたいと思っているか?)

・誰に

・どうなってもらうか(記事を読むメリット)

・何を伝えるか

それぞれの埋め方の説明は下記の記事で解説しています。

>>参考:初めてのブログの書き方テンプレート【初心者でもすんなり書ける】

 

簡単に説明をすると、

・キーワードを決める

・キーワードから想定ターゲットを決める

・実際にキーワードで検索をし、想定ターゲットが抱える悩みや願望をリサーチする

・リサーチした悩みや願望から、「誰に?」を確定する

※誰に=リサーチした悩みや願望を抱えた想定読者に

この流れでリサーチをし、誰に?を明確化させていきます。

 

この「誰に?」が明確になれば、テンプレートの後半にもある通り、

「どうなってもらうか」

「そのために何を伝えるのか?」

といった具体的なブログ記事の内容を考えることができるようなるはずです。

ブログ記事の正しいリサーチ法と誤ったリサーチ法 まとめ

まとめると、下記の通り。

・ブログ記事の正しいリサーチ法

誰に向けて記事を書くのか?を明確にするために、読者の悩みや願望をリサーチする

・ブログ記事の誤ったリサーチ法

→上位10記事の解決策をリサーチする。

正しいリサーチ法を実践することで、ブログ記事にオリジナリティが出ますし、何より読者にベストな解決策を提示することができるようになります。

結果、検索上位を勝ち取ることができるわけですね。

 

具体的なリサーチ法と、リサーチを活用したブログ記事の書き方については、下記の記事で詳しく解説しています。

>>参考:初めてのブログの書き方テンプレート【初心者でもすんなり書ける】

 

ぜひ参考にしていってください。

それでは!

コレでもう集客に迷わない!

■内容の一部を紹介

・知らないと損する5つの顧客段階

・あなたの独占市場をつくるリスト構築

・ブログ、youtube、Twitterなど一般的なWEB集客の方法とそのデメリット

・即効性のある集客が無料でできる方法

・筋トレビジネスを始めたクライアントが30万円の利益を出すまでに行った4つのステップ

・周りがコツコツとブログやyoutubeを更新する中、1ヶ月で100人の見込み客を集める方法

などを学ぶことができます。

 

■読者が100人を超え次第、有料コンテンツにします

労働型のネット集客で疲れた人、もう集客で悩みたくない人は今すぐ無料でダウンロードをしてみてください。

今すぐ無料ダウンロード