ブログ集客

SEOサイト設計を学び、アクセスが集まるブログを作る方法

SEOのサイト設計で困ってる人
SEOのサイト設計で困ってる人
SEOにはサイト設計が大事だと聞いた。

何記事も書いてから、サイト設計が間違っていたというのは避けたい。

一体どうすれば…

こういった悩みを解消します。

 

どうも、マーケティングプランナーの
小川順一(@allinone_market)です。

🔽月間6万人に読まれるブログを運営しており、今回のような悩みの解決にはお力になれるかと思います。

このページの目的は以下のとおりです。

・ブログにアクセスを集めたい方向けに

・適切なSEOのサイト設計を学んでもらい

・アクセスの集まるブログを構築してもらう

 

ブログ記事は、1記事書くのも一苦労ですよね。

「なかなかアクセスが集まらずモチベーションが落ちてくる」

なんてことにならないよう、適切なSEOサイト設計を学んでいってください。

 

今回は、特化ブログ型とふつうのブログの2パターンで解説していきますね。

特化ブログ型のためのSEOサイト設計

小川
小川
特化ブログとは、ブログで書くテーマが特定の分野に特化しているブログのことです。

今回は、「SEOについて語るブログ」を例に説明していきましょう。

特化ブログは、以下の3つのパーツでサイト設計をしていきます。

①TOPページ(サイト全体)

②カテゴリページ

③個別記事

 

個別記事の集まりがカテゴリとなり、カテゴリが集まって1つのサイトができあがります。

そして、それぞれのパーツに適切な役割を与えることが、SEOサイト設計で最も重要なポイントになります。

詳しく説明してきますね。

例:「SEOについて語るブログ」の場合

適切な役割を与えるということは、適切なキーワードを設定するということです。

SEOについて語るブログの場合は、例えば次のようなキーワード設定をしていきます。

①TOPページ

「SEO」

②カテゴリページ

「SEO 対策」「SEO キーワード選定」「SEO ワードプレス」

③個別記事

「SEO 対策 やり方」「SEO 対策 基本」「SEO対策 無料」「SEO キーワード選定 コツ」「SEO キーワード選定 ツール」「SEO ワードプレス 始めかた」「SEO ワードプレス 効果」「SEO ワードプレス テーマ」

 

ポイントは、TOPページで設定したキーワードを細分化していくこと

「SEO」というワードを狙うのであれば、カテゴリでは「SEOを含む2語のワード」を、個別記事では「カテゴリで設定したワードを含む3語以上のワード」を設定していきます。

あとは、それぞれのキーワードにあったブログ記事を量産していけばOKです👍

特化ブログは、ビッグワードで上位表示を狙えるサイト設計をすること

特化ブログの強みは、特定の分野に特化することで専門性が高いブログになることです。

専門性が高くなることで、SEOに強くビッグワードを狙いやすいサイト設計になります。

ですから、特化ブログを作るのであれば、TOPページにビッグワードを設定するようにしましょう。

特化ブログの成功までの流れ

適切なキーワード設定をした状態で個別記事を量産していけば、やがてカテゴリに設定したミドルワードで上位表示がされるようになります。

そして、カテゴリ記事が充実をしてくると、最終的にビッグワードでTOPページが検索に引っかかるようになるでしょう。

特化ブログは、TOPページがビッグワードで上位表示されるようになって初めて大きな効果が得られます。

ふつうのブログのSEOサイト設計

次に、ふつうのブログのSEOサイト設計について説明します。

ふつうのブログとは何ぞや?と思われるかもしれませんが、特化ブログではないブログと考えていただければ大丈夫です。

 

例えば、当ブログはふつうのブログですね。

①TOPページ

「ブログマーケティング」

②カテゴリページ

「ブログマーケティング」「SEO対策」「コピーライティング」「アフィリエイト」

③個別記事

「ブログ 副業」「ブログ 稼ぐ」「SEO 直帰率」「コピーライティング 本」「アフィリエイト 始めかた」などなど

 

どうでしょうか?

ビッグワードを狙うためにビッグワードを細分化していく特化ブログのやり方とは少し違いますよね。

ふつうのブログの場合は、キーワードを限定しない分、コンセプトによってサイト設計をしていきます。

コンセプトって?

特化ブログのポイントは、専門性を高めることでしたよね。

専門性の高いブログは、例えばSEOだとSEOコンサルを仕事としてお客さんを集めることができたり、アドセンス広告を貼ることで、集まったアクセスを収益に変えることができます。

 

それに対してふつうのブログでは、コンセプトに共感するお客さんをブログに集めます。

そういったお客さんを集めることで、自分の商品・サービスを購入してもらったり、コンセプトにあった商品をアフィリエイトすることで収益化することができます。

コンセプトによるSEOサイト設計とは

小川
小川
ふつうのブログでは、サイト全体でコンセプトを打ち出していきます。

ですのでカテゴリでは、打ち出したコンセプトに必要なものを設定します。

例えばブログマーケティングを身につけることをコンセプトにしているのであれば、ブログ集客のカテゴリが必要ですし、ブログライティングのカテゴリも必要です。

一部の人には、アフィリエイトの知識も必要になるため、カテゴリを用意します。

 

そして個別記事では、カテゴリで設定したテーマに関する記事を量産していきます。

この点は、特化ブログと同じですね。

特化ブログとの違いは、特化ブログがTOPページのビッグワードをゴールにしたのに対し、ふつうのブログは各カテゴリでアクセスを集めていくようにする点です。

サイト全体のテーマが広い分、カテゴリは特化ブログよりも数多く用意できますから。

そして各カテゴリにアクセスを集め、サイト全体でコンセプトを伝えていくわけですね。

ですので、ふつうのブログでは「コンセプト設計」がとても重要になります。

SEOサイト設計のまとめ

今回は、特化ブログとふつうのブログの2パターンで、サイト設計について解説しました。

適切なサイト設計をしないと、SEO効果も得られず、なかなかアクセスが集まらないブログができあがります。

さらに、サイト設計は収益化にも大きな影響を与えることもわかったかと思います。

ぜひ適切なサイト設計をして、アクセスの集まる稼げるブログを作っていってください。

 

🔽ブログのアクセスアップに関しては、下記の記事で解説しています。

>>参考:ブログのアクセスアップの全手法【60万PVが安定して集まる】

コレでもう集客に迷わない!

■内容の一部を紹介

・知らないと損する5つの顧客段階

・あなたの独占市場をつくるリスト構築

・ブログ、youtube、Twitterなど一般的なWEB集客の方法とそのデメリット

・即効性のある集客が無料でできる方法

・筋トレビジネスを始めたクライアントが30万円の利益を出すまでに行った4つのステップ

・周りがコツコツとブログやyoutubeを更新する中、1ヶ月で100人の見込み客を集める方法

などを学ぶことができます。

 

■読者が100人を超え次第、有料コンテンツにします

労働型のネット集客で疲れた人、もう集客で悩みたくない人は今すぐ無料でダウンロードをしてみてください。

今すぐ無料ダウンロード