ブログ集客

検索順位が上がらない!その当然の理由と解決策

どうやっても検索順位が上がらない!検索順位が上がっていく理屈がわからない!

こういった悩みを解決します。

 

マーケティングプランナーの小川です。

🔽月間6万人に読まれるブログを運営しており、今回のような悩みの解決にはお力になれるかと思います。

 

🔽僕はブログ記事をあげると、以下のように2週間ほどで順位がついてきまして、これにはちゃんと理由があります。その辺の理屈の解説もしていきます。

検索順位が上がらない、当然の理由

あなたのブログ記事の検索順位が上がらない理由は、2つあります。

①Googleの視点で記事を書けていないから

②ブログそのものが評価されていないから

それぞれ解説していきますね。

①あなたのブログ記事の検索順位が上がらないのは、Googleの視点で記事を書けていないから

結論、読者の悩みを解消する記事を書きましょう。

そのロジック(理由)は下記に長々と書きます。

あなたのブログ記事の検索順位を上げてくれるかどうかは、すべてGoogleの判断になります。

Google様のプラットフォームを利用させていただいている以上、致し方のないことです…。

だから、Googleの求める記事を書きましょう。

では、Googleの求める記事とは何でしょうか?

まずGoogleは、多くの人に検索されるから企業にとって価値のある存在となり、企業が広告を出したい存在だから儲かっています。

つまり、Googleにとって検索されることは絶対。
検索されなくなったら、Googleの終わりです。

まあ実際は、Googleの事業は多岐に渡るので、潰れることはないとは思いますが。笑

で、検索されるには、読者の検索ニーズを満たす検索結果を表示する必要があります。

たとえば、「腹筋 やり方」で検索したのに、「腹筋とはお腹にある筋肉で〜」といった的外れな検索結果だったら、誰も使わなくなりますよね?

ですから、Googleは常に検索結果のアルゴリズムをアップデートし続け、最適化を目指しています。

そして、検索ニーズの代表格として、人の「悩みを解消したい」「苦痛を避けたい」という欲求が挙げられます。

この欲求については、精神科医・心理学者であるフロイトの「快楽原則」が有名ですね。

快楽原則(かいらくげんそく。ドイツ語: Lustprinzip, フランス語: Principe de Plaisir)とは、グスタフ・フェヒナーが作り上げジークムント・フロイトが取り入れた精神分析学の概念である。快楽原則は人間が快楽を求め苦痛を避けること、すなわち生理学的・心理学的な必要を満そうとすることを表す 引用:Wikipedia

そしてGoogleもこの非常に大きな検索ニーズに応えるために、ユーザーの悩みを解消する記事、ユーザーが苦痛を避けるために必要な記事を上位表示させるようにしているわけです。

 

「ユーザーの悩みを解消する記事を上位表示させたい」

このGoogleの意向を汲み取れない記事は、決して上位表示されることはありません。

あなたも、「自分の書きたいことを書いていないか?」を十分に注意してください。

参考に、検索順位が上がらない代表的失敗例を2つ紹介しますね。

検索順位が上がらない代表的失敗例を2つ紹介

ブロガーの悩みの1つ、「長文SEO」で検索をしてみました。

検索意図としては、

長文SEOってよく聞くけど、本当にアクセスが集まるようになるの?答えがわからない…

といった悩みだと考えられます。

長文SEOとは、1記事の文章量を長くすればするほどSEOに効果的でブログの検索順位が上がりやすいという考えのことです。

では、次の2つの記事を見てみましょう。

1.タイトルからして悩みに答えようとしていない

例えばこのタイトル、

5月は長文SEO記事書きます宣言! 300記事書いてもだめだった弱小 …

完全に筆者自身の話です。

この人が長文SEOをするかどうかなんて、質問者にはまったく関係ないですよね…。

結果は長文SEOで2ページ目(10位以下)と、グーグルに評価されていない記事です。

2.悩みに答えきれていない、解答がズレている

例えばこのタイトル、

長文SEOで訪問者を虜に、今すぐ実践できる18のテクニック – ナノ …

こちらは長文SEOで3ページ目にある記事と、グーグルに評価されていません

長文SEOを成功させる具体的なテクニックを書いている記事で、一見すると役に立ちそうな記事ですよね。

 

ですが、「長文SEOで本当にアクセスが集まるようになるのか?」という悩みには実は答えられていません。

検索ユーザーは、「長文SEOで本当にアクセスが集まるのかどうか。その論拠を知りたい」わけで、実際の長文SEOのテクニックを知りたいわけではありません。

このように、質問への答えではなく、「キーワードに対しての自分の考え・ノウハウを書く」という考えで記事を書いてしまっているパターン、実は非常に多いです。

ぜひ気をつけてください。

②あなたのブログ記事の検索順位が上がらないのは、あなたのブログそのものが評価されていないから

Googleがブログ記事の検索順位を決めるアルゴリズム(評価基準)には、

ブログ記事単体の評価以外に、ブログ全体の評価も関わっています。

🔽ブログ全体の評価が高ければ、冒頭で載せた画像のようにおおよそ2週間〜1ヶ月ほどで徐々に検索順位が伸びてきます。

ですので、ブログ記事をアップしたからといってすぐに順位が決まるわけではないので、注意してください。

ブログ全体の評価を上げるには、関連キーワードで記事を上げ続けることが必要です

先ほどの画像は「アフィリエイト 安定収入」というキーワードの推移ですが、僕は他にもアフィリエイト関連のキーワードで記事を上げています。

結果、僕のブログのアフィリエイトに関するオーソリティ(専門性)が評価されて、アフィリエイト関連のキーワードの検索順位が底上げされます。

ですので、基本的に1度記事を上げたら不必要にリライトはしません。

たとえ2ヶ月間以上順位変動がなくても、それはまだ関連キーワードの網羅性が足りないと考えて、ひたすら記事を追加し続けます。

多くの人は、リライトによって検索順位が伸びると考えがちですが、僕はリライトするなら新規記事を追加することに注力しますね。

検索順位が上がらない理由とその解決策 まとめ

検索順位が上がらない理由は、以下の2つでした。

①Googleの視点で記事を書けていないから

②ブログそのものが評価されていないから

それぞれの解決策は以下の通りです。

①読者の悩みを解消する記事を書く

②関連キーワードで記事を書き続けることで、ブログ全体の評価を高める

 

より深掘りしたアクセスアップの手法については、下記の記事で解説しています。

>>参考:ブログのアクセスアップの全手法【60万PVが安定的に集まる】

それでは!

コレでもう集客に迷わない!

■内容の一部を紹介

・知らないと損する5つの顧客段階

・あなたの独占市場をつくるリスト構築

・ブログ、youtube、Twitterなど一般的なWEB集客の方法とそのデメリット

・即効性のある集客が無料でできる方法

・筋トレビジネスを始めたクライアントが30万円の利益を出すまでに行った4つのステップ

・周りがコツコツとブログやyoutubeを更新する中、1ヶ月で100人の見込み客を集める方法

などを学ぶことができます。

 

■読者が100人を超え次第、有料コンテンツにします

労働型のネット集客で疲れた人、もう集客で悩みたくない人は今すぐ無料でダウンロードをしてみてください。

今すぐ無料ダウンロード