ブログ集客

ブログのリライトは不要です【オーソリティ戦略でアクセスを伸ばす】

一向にブログのアクセスが増えない…。リライトした方が良いのかな?

といった悩みを解消します。

 

マーケティングプランナーの小川です。

🔽月間6万PVのブログを運営しており、今回のような悩みの解決にはお力になれると思います。

【結論】ブログのリライトは不要です

ブログのリライトは不要です。

以下のつのポイントで解説していきます。

①前提:アクセスの集まる記事は10記事書いて1記事と知る

②記事を書いて1ヶ月でリライトを検討するのは最低の悪手

③リライトをするのは、自分が成長した時だけにしましょう

①前提:アクセスの集まる記事は10記事書いて1記事と知る

小川
小川
残念な事実として、アクセスの集まる記事は10記事書いて1記事くらいが現実です。

ただし、僕は全く気にしていません。

なぜなら、そもそも記事を書く時点で

10記事中アクセスを狙うのは1記事(メイン記事)、残り9記事はメイン記事の検索順位を上げるための役割を持っているから、アクセスを目的としていない

という考えでブログを作っているからですね。

ちょっと意味不明すぎるかもしれないので、具体例で解説します(^^;;

 

例えば、筋トレのブログ。
構成は以下の通り。

TOP:筋トレ
カテゴリ1:腹筋
カテゴリ2:胸筋
カテゴリ3:背筋

筋トレKWは、ブログ全体で攻略します。

なぜなら、「筋トレ」のようなライバルの多いビッグキーワード は、記事単体での攻略は不可能だから。

そのため、まずはカテゴリを成長させるで、ブログ全体での攻略を目指します。

 

腹筋のカテゴリを攻略するのであれば、腹筋に関連するキーワードで記事を増やしていきます。

カテゴリ1:腹筋
記事1:腹筋 鍛え方
記事2:腹筋 女子
記事3:腹筋 ローラー
記事4:シックスパッド
記事5:クランチ

関連キーワードは、下記のツールで簡単に調べられます。

>>参考:関連キーワード取得ツール

🔽腹筋の関連キーワード

また、「腹筋 ●●」のような複合キーワードだけでなく、シックスパッドやクランチといった腹筋と関連性の高いキーワードも狙っていくのがポイントですね。

 

要は、

・アクセスを狙う記事

・関連キーワードを網羅するための記事

の2種類に役割を分けるわけです。

関連キーワードを網羅するための記事で重要なポイントは、アクセス数ではなく検索順位を見ること。

関連キーワードで1位を取れている記事が増えるほど、メインキーワードが強化されるからですね。

 

上記の考え方を、「オーソリティ戦略」と言います。

オーソリティー【authority】の意味 2 専門の道に通じて実力をもつ人。 大家 (たいか) 。 権威者。引用:Goo国語辞書

Googleは専門性の高いブログを評価すると考えられています。

そこで、関連キーワードを網羅することでGoogleにブログの専門性を伝えて、ブログ全体の評価を高めていこうというのが、「オーソリティ戦略」となります。

Googleは検索順位を決めるアルゴリズム(評価基準)を明らかにしていません。

ですから、この「オーソリティ戦略」が効果的かを証明する術はありません。

あくまで、Googleが公式で出している情報、実際の検索結果を見て、見識者が仮説を立てた戦略にすぎません。

ただ、僕はその効果を実感できているので、実践をし続けていますし、あなたにもオススメできます。

 

🔽結論
全ての記事でアクセスを狙っていないため、アクセスの集まる記事が10記事中1記事でも問題ない。

ですので、リライトの基準もアクセス数では判断する必要はありません。

そもそも、アクセスを狙う記事は「関連記事の網羅性」で勝負しています。

記事自体をいくらリライトしても、効果は薄いです。

もしアクセスを狙う記事の順位が上がらないのであれば、さらに関連記事を追加していけばOKですね。

ですから、ブログのリライトは不要です。

②記事を書いて1ヶ月でリライトを検討するのは最低の悪手

結論から言うと、1ヶ月でリライトをするとデメリットが大きいのでやめましょう。

なぜなら、記事の順位が上がるまでには2~3ヶ月かかることも多々あるからです。

実は検索上位を勝ち取れていたかもしれないのに、リライトによって逆に順位を落とす危険性があります。

🔽実際に僕も、こんな感じでゆっくり順位が付きます。

③リライトをするのは、自分が成長した時だけにしましょう

ここまで伝えた通り、アクセス目的のリライトは不要です。

リライトをすることでアクセスが伸びるという話もたくさん聞きますが?

という意見もあると思いますし、正しい意見だと思います。

 

ただし、リライトは多少プラスになることもあるかもしれませんが、労力対効果に合いませんし、優先順位が低いです。

僕たちのリソースは限られているので、優先順位が高い新記事の更新に注力することをオススメします。

優先順位が低いことは切る勇気を持つことは、結構大変ですが頑張りましょうm(__)m

 

小川
小川
ただ、僕もブログ記事をリライトすることはちょくちょくあります。

それは、僕が成長した時です。

ブログでは「読者の悩みを解消する記事」を書くことが基本です。

なので、さらに悩みの解消に役立てる知識・ノウハウ・スキルを手に入れれば、記事をアップグレードします。

ただその時は、ほぼほぼ新記事としてあげ直すことも多いですが。

 

要は、アクセスを伸ばしたいなら自分の知識・ノウハウ・スキルを磨いた方が手っ取り早いということですね。

自分が成長して記事をアップグレードできれば、検索順位が上がり、アクセスが集まるようになるので。

【結論】ブログのリライトは不要です まとめ

①前提:アクセスの集まる記事は10記事書いて1記事と知る

②記事を書いて1ヶ月でリライトを検討するのは最低の悪手

③リライトをするのは、自分が成長した時だけにしましょう

ブログのアクセスを伸ばす施策として、リライトは不要です。

なぜなら、優先順位が低いからです。

必要なのは、関連記事の網羅性を高めること。

つまり、新記事を更新しましょう。

リライト以外のアクセスアップの手法については、下記の記事でまとめています。

>>参考:ブログのアクセスアップの全手法【60万PVが安定的に集まる】

 

ちなみに、僕はリライトの欲求が出てきた際は、下記のように自問自答するようにしていました。

小川
小川
このリライトは、本当に読者のためなのか?
小川
小川
新たに記事を書くよりも、リライトの方が楽だという、自分のためのリライトになっていないか?

ついついリライトに逃げたくなりますが、心を鬼にして我慢しましょうm(__)m

それでは!

コレでもう集客に迷わない!

■内容の一部を紹介

・知らないと損する5つの顧客段階

・あなたの独占市場をつくるリスト構築

・ブログ、youtube、Twitterなど一般的なWEB集客の方法とそのデメリット

・即効性のある集客が無料でできる方法

・筋トレビジネスを始めたクライアントが30万円の利益を出すまでに行った4つのステップ

・周りがコツコツとブログやyoutubeを更新する中、1ヶ月で100人の見込み客を集める方法

などを学ぶことができます。

 

■読者が100人を超え次第、有料コンテンツにします

労働型のネット集客で疲れた人、もう集客で悩みたくない人は今すぐ無料でダウンロードをしてみてください。

今すぐ無料ダウンロード