ブログ集客

SEOキーワード選定-競合調査でキーワードを決める方法

こんにちは、小川です。

SEOキーワード選定をする際には、競合調査が必須です。

競合調査をしないと、勝てるのかも勝ち方も分からないですからね。

 

ということで今回は、キーワード選定における競合調査のやり方について解説していきたいと思います。

実際に僕が「ロングテールSEO やり方」というキーワードで上位表示できた例を参考にするので、かなり役立つかと思います。

それではどうぞ。

 

そもそものキーワード選定については、下記の記事で解説しています。

キーワード選定のコツを掴み、検索上位を勝ち取る方法どうも、小川順一です。 キーワード選定のコツの大前提 大前提として、ブログで稼げたいのであれば「知りたいキーワード」ではなく...

SEOキーワード選定-競合調査のやり方

上位表示をするということは、検索結果の1ページ目(10位まで)に入るということ。

つまり、検索結果の1ページ目に入ることができている記事(競合)を調査しないことには何も始まりません。

 

そこで、ロングテールSEOやり方で検索してみました。

上記のように実際にキーワードで検索をし、1ページ目の競合のタイトルを見てみましょう。


ここから、タイトルに狙っている対策キーワードが盛り込まている記事がどれだけあるかを見てみてください。

今回の例で言えば、なんと3つしかありません。

 

狙っているキーワードをタイトルに盛り込むのはSEOの超基本です。

つまり、競合サイトはそれが徹底できていない。

こちらがしっかりとタイトルにキーワードを入れた質の良い記事を用意すれば、競合記事に勝てる可能性は十分にあるということです。

 

「でも、1位の記事には対策キーワードがちゃんと入ってないよね?それで1位取れてるよね?」

もしもこう疑問に思ったのなら、とても鋭い指摘ですね。

この疑問点に関しては、次で説明していきます。

なぜ対策キーワードの入っていない記事が1位を取れているのか?

先ほどの「ロングテールSEO やり方」では、バズ部の記事が1位を取っています。

しかし、「ロングテールSEO やり方」という対策キーワードは入っていません。

なぜでしょうか?

 

これには、ドメインパワー(サイトパワー)が強く関わっています。

そしてバズ部は、SEO関連のあらゆるキーワードで検索上位を取っており、グーグルにもSEOに関するサイトとしてグーグルから高い評価を得られています。

 

だから、タイトルに対策キーワードがすべて入っていなくても、対策キーワードがすべて入っている記事にも勝てるわけですね。

いわば、王道のSEO対策と言えるでしょう。

 

ここまでの説明から、キーワード選定で競合調査をする際の3つのポイントについてまとめますね。

キーワード選定で競合調査をする際の3つのポイント

  1. 対策キーワードがタイトルに盛り込まれているか
  2. 競合サイトのドメインパワーが高くないか
  3. 記事の質は高いか

対策キーワードがタイトルに盛り込まれていなければ、かなり狙い目のキーワードです。

メジャーなキーワードであれば、競合サイトもしっかりと盛り込んでいるはずですので。

 

また、競合サイトがバズ部のような有名サイトなど、ドメインパワーの強いサイトだった場合は、検索上位を勝ち取る難易度が上がります。

 

最後に、記事の質。

強い競合サイトが少なければ、記事の質がしっかりとしていれば検索上位を狙うことは難しくありません。

たとえ競合サイトが多くても、質の良い記事であれば検索上位に食い込むことは可能です。

 

もしもドメインパワーの高い競合サイトが多く、且つ記事の質も良い場合は、検索上位を取ることは非常に厳しいと言えるでしょう。

その場合は、他のキーワードで上位表示を勝ち取っていき、あなたのブログのドメインパワーを高めた上で再挑戦するしかありません。

 

以上が、キーワード選定の競合調査の3つのポイントです。

 

競合調査をしていないと、ドメインパワーを高めないと勝てないキーワードなのに、記事のリライトを頑張ってしまったり、逆に記事をリライトして更新すればまだ上位が狙えるはずなのに諦めてしまったりと、非常に効率の悪いやり方をしてしまうことになります。

 

ですので、キーワード選定をする際は、必ず競合調査も忘れないようにしましょう。

そもそものキーワード選定については、下記の記事で解説しています。

キーワード選定のコツを掴み、検索上位を勝ち取る方法どうも、小川順一です。 キーワード選定のコツの大前提 大前提として、ブログで稼げたいのであれば「知りたいキーワード」ではなく...

それでは!

コレでもう集客に迷わない!

■内容の一部を紹介

・知らないと損する5つの顧客段階

・あなたの独占市場をつくるリスト構築

・ブログ、youtube、Twitterなど一般的なWEB集客の方法とそのデメリット

・即効性のある集客が無料でできる方法

・筋トレビジネスを始めたクライアントが30万円の利益を出すまでに行った4つのステップ

・周りがコツコツとブログやyoutubeを更新する中、1ヶ月で100人の見込み客を集める方法

などを学ぶことができます。

 

■読者が100人を超え次第、有料コンテンツにします

労働型のネット集客で疲れた人、もう集客で悩みたくない人は今すぐ無料でダウンロードをしてみてください。

今すぐ無料ダウンロード