ブログ集客

キーワード選定のコツを掴み、検索上位を勝ち取る方法

どうも、小川順一です。

小川
小川
ちょっと聞いてください。検索結果で上位表示されるキーワード選定のコツを見つけました。

キーワード選定のコツの大前提

大前提として、ブログで稼げたいのであれば「知りたいキーワード」ではなく「したいキーワード(お悩みキーワード)」を選んでください。

検索ボリュームの多い「知りたいキーワード」を選びがちですが、お金になるのは「したいキーワード」なので。

じゃあ、さっそくキーワード選定のコツの本題に入っていきますね。

検索結果で上位表示されるキーワード選定のコツ

コツは、記事を書いてからキーワード選定をすること

  • まず、よくある手法(+ちょっとした工夫)でキーワードを抽出して記事を書く
  • 記事を書いた後に、とある方法でキーワード選定をする

以上。シンプルですね。

具体的なやり方を説明していきます。

キーワードプランナーでまずは調べる

まずは、Googleアドワーズのキーワードプランナーを使用してキーワードを抽出しましょう。


▲運用ツールを開いて、赤枠の「フレーズ、ウェブサイト、カテゴリを使用して新しいキーワードを検索」を押す。出てきた検索窓に好きなキーワードを入れて検索する。

▼例として「SEO対策」と入れると、下記のようなキーワード一覧が出てきます

まずは、あなたが記事を書けそうなキーワードで大丈夫です。

検索ボリュームを気にする必要もありませんよ。

やってみれば分かりますが、上位表示できてしまえば検索ボリュームが少なくてもアクセスが集まるキーワードはざらにあります。むしろ周りが狙わないんだからおいしいくらいです。

あくまであなたが記事を書けそうなキーワードという視点で選んでみましょう。

キーワード選定のコツは成功者から情報を盗むこと

ここで、ちょっと一工夫を教えておきます。

「上位表示に成功しているサイトから情報を抜き取ってしまう方法」です。

▼「フレーズ、ウェブサイト、カテゴリを使用して新しいキーワードを検索」を押した画面
▲さきほどは「SEO対策」というキーワードのみを入れましたが、ここにランディングページという項目があるので、実際に上位表示が成功しているサイトのURLを入れてください。

すると、そのサイトが対策しているキーワードが出てきます。

ただやみくもにキーワードを選ぶよりかは効果的ですよね。

 

さて、ここまでは至って普通のキーワード選定のやり方です。

なので、みんなとほぼ代わり映えしないキーワードしか見つけることはできません。

多くの人が、記事を書く前に完璧にキーワード選定を終わらせようとしていて、『記事を書いてからキーワード選定をする』という重要な視点が抜け落ちてます。

いよいよ、本題のキーワード選定のコツの話に入っていきましょう!

記事を書いてからキーワード選定をするとは?

とりあえずは先ほど説明した方法で記事を書いてくれればOKです。

記事をアップしたら1週間ほど待ちましょう。

そして、サーチコンソールを開きます!

グーグルサーチコンソール

SEO対策に必須の無料ツール。今すぐ導入しましょう。

 

▼サーチコンソールに搭載されている検索アナリティクスという機能を使うと、下のように検索クエリを取得することができます。

検索クエリは、実際にあなたのサイト(記事)がどんなワードで表示されているかのデータ。

これらのキーワードに関しての表示回数、クリック数、クリック率、検索順位のデータも見られるため、非常に便利な機能がそろっている。

キーワード選定のコツは、このサーチコンソールで取れた実データからキーワード選定をもう一度行うこと。

グーグルアドワーズなどを使った、あくまで憶測に過ぎないキーワード選定ではなく、実際のデータに基づいたキーワード選定をすることができますよ。

サーチコンソールを使った具体的なキーワード選定のコツ

まずは、検索順位が低いが表示回数の多いキーワードを狙いましょう。

表示回数の多いロングテールキーワードをタイトルにした記事を新たに作ってみてください。

「SEO対策」などのビッグワードやミドルワードで作られた記事では上位表示は難しいですが、ロングテールキーワードであれば容易に上位表示を狙う事も可能です。

ロングテールキーワードの考え方については下記の記事を参考にしてください。

>>参考:ロングテールキーワードの探し方

サーチコンソールとキーワードプランナーとの違い

サーチコンソールで見られる検索クエリには、キーワードプランナーでは出てこなかったロングテールキーワードが数多く含まれています。

キーワードプランナーは元々はリスティング広告で活用する機能のため、ざっくりとしたデータしか見ることができない。

しかしサーチコンソールはサイト改善のための機能であるため、非常に具体的なデータを取ることができる。

実際にあなたが書いた記事によって得られるオリジナルデータなので、あなたにしか見ることのできない唯一無二のデータなわけです。

まさに、あなたにしかできないキーワード選定ができるということ!

よくあるツールで抽出されるデータや、キーワードプランナーで検索するだけで簡単に見られるデータで、あなただけ美味しい結果を得られることはないですよね。

同じデータを見てたら、当然みんな同じようなキーワードを選定する結果となるので。

キーワード選定のコツ まとめ

  • キーワードプランナーでキーワードを抽出する。
  • まずはそのキーワードで、実際に記事を書く。
  • そこから得られるサーチコンソールのデータを活用し、もう一度キーワード選定をする。
  • ロングテールを意識した記事をもう一度書く。

これが検索結果で上位表示されるキーワード選定のコツです!

 

PS.

お宝キーワードは見つからない

よく、次のような言葉を聞きませんか?

「ライバルが知らない競争度が低く、成約率の高いキーワードを見つけましょう」

くだらないですね。

初心者層をひっかけるための戯言でしかありません。

 

「だってそうだろ?そんな都合の良い世界があると思うか?」

 

もちろん0とは言いませんが、みんな大体同じ方法でキーワード選定をしていて、そこでしのぎを削りあっているわけです。

自分だけが美味しいキーワードを見つけられるなんて、非現実的なことでしかありません。

 

あったとしても数える限り。

  • じゃあ、そのわずかなキーワードだけで記事を作るのか?
  • それだけで十分なアクセスが集まるのか?
  • それ以外のキーワード選定はどうすれば?

考えれば考えるほど、現実的ではないですよね。

一般的に普及しているキーワード選定のコツ

  1. ターゲットが検索しそうなキーワードをピックアップする
  2. そのキーワードをキーワードプランナ―で調べる
  3. 検索ボリュームが多く競合性の低いお宝キーワードを見つける

このお宝キーワードという言葉にみんなが釣られてる気がする・・・

※ちなみに、「最近はキーワードプランナーはGoogleアドワーズで広告出稿しないと使えなくなりました。そのため、Googleサジェスト機能や他のツールを駆使しましょう!」までがテンプレの流れ(笑)

キーワードプランナーは使ってみれば分かりますが、「入力したキーワードと関連性の高いキーワード」が抽出される機能となってます。

要は、出てくるキーワードはありきたりなものばかりってことです。

同じキーワードを調べた場合は当然、抽出されるキーワードも同じになる。

つまり、みんな同じものを見て、そこから考えていく。

さらにさらに、みんな検索ボリュームがあって競合性の低いキーワードを選ぶ…。

もう、言いたいことは分かりますよね?

僕は、これからもオリジナルのデータから僕だけのキーワード選定をしていきます。

コレでもう集客に迷わない!

■内容の一部を紹介

・知らないと損する5つの顧客段階

・あなたの独占市場をつくるリスト構築

・ブログ、youtube、Twitterなど一般的なWEB集客の方法とそのデメリット

・即効性のある集客が無料でできる方法

・筋トレビジネスを始めたクライアントが30万円の利益を出すまでに行った4つのステップ

・周りがコツコツとブログやyoutubeを更新する中、1ヶ月で100人の見込み客を集める方法

などを学ぶことができます。

 

■読者が100人を超え次第、有料コンテンツにします

労働型のネット集客で疲れた人、もう集客で悩みたくない人は今すぐ無料でダウンロードをしてみてください。

今すぐ無料ダウンロード