ブログ集客

検索上位が取れるブログ記事の書き方【失敗から学んだ3つのステップ】

ブログで検索上位を取りたい人
ブログで検索上位を取りたい人
なかなかアクセスが集まらない…。ブログで検索上位を取る方法が知りたい。

こんな悩みを解決します。

 

今回お伝えするノウハウは、僕が初心者の頃にやらかしてしまった失敗談から得た学びですm(__)m

同じ過ちを犯すと驚くほど検索上位が取れないので、少しでも参考になればと思います。

検索上位が取れるブログ記事の書き方【失敗から学んだ3ステップ】

まず結論からお伝えすると、検索上位が取れるブログ記事は、読者の悩みを解消する記事です。

その理由は以下の通り。

①Googleは読者の検索ニーズを満たす記事を上位表示させたい

②「悩みを解消したい」という検索ニーズは非常に大きい

③だから、読者の悩みを解消する記事は上位表示される

この辺りの詳細・理屈については、下記の記事で解説しています。

>>参考:検索順位が上がらない当然の理由と解決策

 

そして、以下の3ステップで、読者の悩みを解消する記事を書くことができます。

✅ステップ1
自分が書きたいことを書くことを諦める

✅ステップ2
競合調査で読者が抱える悩みを明確にする

✅ステップ3
明確になった読者の悩みを解消する記事を書く

それぞれ解説していきますね。

ステップ1:自分が書きたいことを書くことを諦める

僕は、書きたいことを30記事ほど書いた時に気づきました。

小川
小川
あ、自分が書きたいことって誰にも求められてないんだ、、、

という悲しい事実に。

 

受け入れがたい事実ですが、僕らが書きたいこと・伝えたいことには何の価値もありませんm(__)m

※注意:あくまで、Googleにとって価値がないということです。

Googleにとって価値があるのは、検索される記事です。

 

Googleで検索する側は、何か知りたいことがあったり、悩みを解消したくて検索をするわけですよね。

だから、その目的を達成できる記事じゃないと、検索上位は取れません。

Googleというプラットフォームを利用している以上、仕方のないことです。

 

ブログで検索上位を取りたい人
ブログで検索上位を取りたい人
自分の書きたいことを書いて人に読んで欲しいんだよ!!
Google
Google
じゃあ、別のプラットフォームでどうぞ。小説でも書けば?

こう言われるのがオチですね。

 

結果として、

小川
小川
僕は、ブログで個性を出すことを優先して失敗しました…

A.個性があって人に読まれる記事

B.個性があって人に読まれない記事

C.個性がなくて人に読まれる記事

D.個性がなくて人に読まれない記事 ※Dは論外ですね

理想のゴールは、やっぱりA。

だから、「B⇨Aルートでの攻略」を目指しました。

いつか読まれるようになるだろうと。

その想いは、儚く散りましたけれど。笑

 

ですから僕がオススメするのは、「C⇨Aルートでの攻略」です。

まずは読まれるようになってから、徐々に個性を出していけばOK。

読まれないほど悲しいことはないですから…。

 

あと、個性を出すことにこだわっていた僕は、

小川
小川
俺は、お金のために記事を書いてるんじゃない!お金のためとか、読者をないがしろにしてる奴なんてクソだろ!!

こういう思考に陥ってました。

今思うとアホですよね、、、。

 

人に読まれる記事=読者が価値を感じている記事です。

人に読まれない記事=誰が価値を感じていない記事です。

どちらが読者をないがしろにしてるかは、言うまでもありません。

ステップ2:競合調査で読者が抱える悩みを明確にする

競合調査とは、狙っているキーワードで検索し、検索上位を勝ち取っている記事を読み漁るということです。

なぜなら、読者の悩み(=検索意図)は、検索結果に表れているからですね。

検索結果の1ページ目にある記事を全部読めば、読者がどんな悩みを抱えて検索しているかが大体わかります。

 

ここでの失敗談を1つ。

小川
小川
僕は初め、キーワードから勝手に読者の悩みを推測するという過ちを犯していました。

狙っているキーワードで検索して1ページ目の記事を全部読むって、かなーりめんどくさいんですよね(^^;;

結局僕は、読者のことよりも自分の手間を省くことを優先してました。

 

では、キーワードから読者の悩みを推測することがなぜダメなのか?

どうして検索上位の記事を読み漁る必要があるのか?

具体例で説明しますね。

 

たとえば「結婚式 30代」で検索する人の悩みは何だと思いますか?

推測してみてください。

検索結果を見てみると、おすすめのパーティドレスに関する記事が1ページ目を埋め尽くしています。

実は「結婚式 30代」というキーワードは、結婚式をする側ではなく、結婚式にお呼ばれした方が悩んで検索するキーワードなんですね。

どうでしょう?

あなたの推測と合っていましたか?

 

人によっては、「30代で結婚する場合にはどんな結婚式にするのが良いか?」と結婚する側の人が悩んで検索していると推測する人もいたかもしれません。

実際にマイナビウェディングのサイトが、「30代・40代の大人結婚式白書」という記事を書いていますが、検索結果は2ページ目の最後にやっと出てきます。

競合調査をせずに勝手に読者の悩みを推測すると、同じような失敗をしてしまう可能性が高いです。

必ず、競合調査をするようにしましょう。

ステップ3:明確になった読者の悩みを解消する記事を書く

あとは、ステップ2で明確になった読者の悩みを解消する記事を書けばOKですね。

そしてここでの僕の失敗談。

小川
小川
僕は、読者が解消したい悩み読者が抱える問題点を区別できていませんでした…

どういうことか。
説明しますね。

 

まず大前提として、読者が求めているのは「悩みの解消」です。

初めにお伝えした通り、「読者の悩みを解消する記事」が検索上位を取ることができます。

これを踏まえた例として、「アクセス 伸びない」と検索をしてきたAさんがいると想定して説明しますね。

 

Aさんは、「アクセスが伸びない」という悩みを抱えています。

昔の僕ならどんな記事を書いていたか。

小川
小川
ズバリ、「正しいキーワード選定をしてブログのアクセス数を伸ばす方法」ですね!

キーワード選定についてがっつり説明する記事を書きます。

なぜかって?

小川
小川
Aさんのアクセスが伸びないのは、キーワード選定ができてないことが問題点だと思うからです!!

今の僕ならわかります。
その記事、読まれません、、、。

 

理由は2つあります。

1つ目は、Googleに内容が正しく認識されず、検索上位を取れないから。

キーワード選定についてがっつり説明した記事を、Googleは何の記事だと評価すると思いますか?

ブログのアクセス数が伸びない人向けの記事でしょうか?

キーワード選定について知りたい人向けの記事でしょうか?

 

後者ですよね。

小川
小川
また僕は、ユーザー目線を忘れていました。

ブログのアクセス数が伸びない人向けに書いていたつもりが、キーワード選定について知りたい人向けの記事を書いてしまっていたんですね。

まーたやってしまった。

自分の書きたいことを書いてしまった。

読者を置き去りにしてしまった。

そりゃあ、検索上位を取れなくて納得です。

2つ目は、読者が知りたいことに答えてないからです。

もう、お分かりですよね?

確かに、Aさんが抱えている問題点は、キーワード選定ができていないことなのかもしれません。

が、Aさんはキーワード選定のやり方を知りたいのではなく、アクセスが伸びない原因を知りたいだけです。

 

だからまずは、アクセスが伸びない原因をしっかりと説明してあげる必要があります。

その原因として、キーワード選定の重要性を伝えれば良いんですね。

じゃあ、キーワード選定のやり方の説明はどうすれば?

別記事にすればOKです。

 

要は、

①ブログのアクセスが伸びない原因を知ることができる記事

②キーワード選定のやり方を学ぶことができる記事

の2つの記事に分けるということ。

小川
小川
ブログのアクセスが伸びないと検索してきた人には①の記事を見てもらい、キーワード選定の重要性を知ってもらってから、②の記事に誘導してあげればOKです。

 

記事を書く以上勉強します。

結果、読者が抱えている悩みの本質的な問題点が見えてしまうんですよね。

だからと言って、問題点を指摘していきなり解決策の詳しい説明をするのは、読者を置いてけぼりにすることになります。

あくまで、読者に寄り添って悩みの解消を手伝ってあげることが重要ですよね。

 

まずは悩みの原因をわかりやすく説明すること。

自分の経験を話したり、根拠の持てる説明をして理解してもらうことが重要です。

だって、「原因はこれです!」と言っても、それが本当なのかどうかわからなければ信じられませんから。

 

その説明もなしに、

小川
小川
キーワード選定が大事で、それはこうやって、こうすることでできるんだよ!すごいでしょ!!

って、恥ずかしすぎますよね。笑

ですから必ず、読者の悩みと問題点は区別しましょう!

検索上位が取れるブログ記事の書き方【まとめ】

検索上位が取れるブログ記事は、読者の悩みを解消する記事です。

理屈については、下記の記事で解説しています。

>>参考:検索順位が上がらない当然の理由と解決策

 

そして、以下の3ステップで、読者の悩みを解消する記事を書くことができます。

✅ステップ1
自分が書きたいことを書くことを諦める

✅ステップ2
競合調査で読者が抱える悩みを明確にする

✅ステップ3
明確になった読者の悩みを解消する記事を書く

 

これまでの説明を読めば、どんな記事の書き方をすれば検索上位を取れるか?がイメージできるのではないでしょうか?

簡単に説明すると、以下の通りです。

この記事では●●という悩みを解消します。

●●の悩みを解消する方法は、3つあります。

①悩みを解消する方法1

②悩みを解消する方法2

③悩みを解消する方法3

それぞれ解説しますね。

 

①悩みを解消する方法1

まず、なぜこの方法で悩みを解消できるかというと~

ここで、自分の経験や根拠の持てる説明で、解消できる理由についてしっかりと納得してもらう

詳しい解消方法については、下記の記事で解説しています。
>>別記事リンク

この記事の目的は、悩みを解消できることを知ってもらい、納得してもらうこと。具体的な方法を知りたい人は、より詳細に解説した別記事に誘導すればOK。

以下、②③に続く。

こんな感じですね。

個性は、読まれるようになってから出せばOKです。

それでは!

コレでもう集客に迷わない!

■内容の一部を紹介

・知らないと損する5つの顧客段階

・あなたの独占市場をつくるリスト構築

・ブログ、youtube、Twitterなど一般的なWEB集客の方法とそのデメリット

・即効性のある集客が無料でできる方法

・筋トレビジネスを始めたクライアントが30万円の利益を出すまでに行った4つのステップ

・周りがコツコツとブログやyoutubeを更新する中、1ヶ月で100人の見込み客を集める方法

などを学ぶことができます。

 

■読者が100人を超え次第、有料コンテンツにします

労働型のネット集客で疲れた人、もう集客で悩みたくない人は今すぐ無料でダウンロードをしてみてください。

今すぐ無料ダウンロード