ブログ集客

SEO対策は本で学ぶべき?おすすめ書籍も紹介【2019年】

当記事は、SEO初心者さん向けの記事です。

【質問】
SEO対策は本で勉強するだけで充分でしょうか?

【回答】
本だけで充分です。書籍かネットで1日勉強すればOK。

SEO対策は独学で学ぶ時代でも語っていますが、SEO対策を塾や業者に頼る時代は終わっていまして、独学でさっさとPDCAを回した方が良いです。

SEO対策は、本で独学で学ばないと挫折する

SEO初心者さんの場合、記事を仕込んでから検索上位まで上がってくるまでに3ヶ月以上かかります。

さらに、その3ヶ月間はコンスタントに記事を投下し続けて、あなたのブログを育てておかなければなりません。

 

つまり、結果が出るかわからないまま3ヶ月間記事を上げ続けるということ。

ブログSEOで挫折する人が多い理由がわかりますよね。

 

最速で始めても3ヶ月は耐える必要があるのに、

  • もしも塾で何ヶ月もSEOを勉強した後に実践したら・・・
  • 業者にコストを使ってSEO対策をしていたら・・・

あなたが挫折する可能性は飛躍的に向上します。笑

SEO対策を学ぶのにおすすめの書籍をご紹介

SEO対策というと、内部対策と外部対策の2つに分けての勉強を推奨する人が多いですが、あまり実践的ではありません。

ブログ・SEO初心者さんが学ぶなら、「理論編」と「実践編」の2つに分けて学びましょう。

 

そこでおすすめなのが以下の2冊です。

理論編:これからのSEO内部対策 本格講座

実践編:ブログの書き方マニュアル

※特にアフィリエイトをするつもりはないので、Amazonなどで検索してみてください。

これからのSEO内部対策 本格講座 とは?

SEO対策でよく言われる「内部対策」「外部対策」に関する考え方、titleの付け方やdescriptionの付け方などの超・基本的な考え方を、理論的に解説している本です。

SEOの理論的な全体像を知っていないと、いざブログを書いて3ヶ月間耐える苦悩の期間を乗り越えるのが難しくなります。

 

「自分は本当に正しい方向性で実践できているのか?」

こういった不安に必ず駆られますからね。

 

なのでSEOを学ぶときは、感覚的ではなく理論的にしっかりと学んでおきましょう。

この1冊さえあればSEO対策の知識には自信がつくはずですので大丈夫です。

ブログの書き方マニュアル とは

こちらは、「どういった文章がユーザーに評価され、SEO的にも評価されるのか?」といった実践的な内容の本です。

SEOは理論だけ学んでも、実際の文章をどう書けば良いのかがわからずに苦戦する初心者さんが非常に多いです。

そのため、「文章の書き方」といった実践的な内容とセットで学ぶようにしましょう。

 

ブログの書き方マニュアルでは、

  • ブログ記事でユーザーに伝えるべきことは何なのか?
  • 読者のニーズをリサーチする方法
  • ブログ記事の構成(タイトルや見出しなど)

など、ユーザーに読まれる記事の作り方を解説しています。

 

SEOは、ユーザーに読まれる記事を評価し上位表示させる仕組みです。

なので、このマニュアル通りに記事が書けるようになると、SEOにも強い上位表示されやすい記事を書けるようになりますよ。

SEO対策は本で学ぶべき? まとめ

塾やコンサルの場合、SEOの理論的な部分をあたかも重要かのように難しく語り、初心者を騙しているところも数多くあります。

ですが、当記事で語った通り、SEOは理論だけでなく実践に使える知識も学ばないといけません。

そういった意味では、SEO対策は本で独学で学ぶのが一番です。

 

ぜひ、本で1日がっつり学んで、翌日から記事を書いていきましょう!

それでは!

コレでもう集客に迷わない!

■内容の一部を紹介

・知らないと損する5つの顧客段階

・あなたの独占市場をつくるリスト構築

・ブログ、youtube、Twitterなど一般的なWEB集客の方法とそのデメリット

・即効性のある集客が無料でできる方法

・筋トレビジネスを始めたクライアントが30万円の利益を出すまでに行った4つのステップ

・周りがコツコツとブログやyoutubeを更新する中、1ヶ月で100人の見込み客を集める方法

などを学ぶことができます。

 

■読者が100人を超え次第、有料コンテンツにします

労働型のネット集客で疲れた人、もう集客で悩みたくない人は今すぐ無料でダウンロードをしてみてください。

今すぐ無料ダウンロード