ブログマーケティング

「なぜ、あなたのウェブには戦略がないのか?」は微妙でした【書評】

マーケティングプランナーの小川です。
今日も知識投資をしていきましょう。

今日は、書籍「なぜ、あなたのウェブには戦略がないのか?」を読み返しての感想なのですが、正直内容としては微妙という感想でした。

何が微妙だったのか?

 

こういった本に必ずと言って書いてあるのが、

「ターゲットを絞る」「ベネフィットを提示する」「競合を意識する」「選ばれる理由を作る」「今すぐ客を狙う」

という言葉。

 

正直なところ、どうしても見飽きてしまうんですよね。

上記の言葉をあまり聞きなれていないという人にとっては、学びのある書籍だと思います。

 

ですが注意しなければいけないことが1点。

ブログマーケティングにおいて同じような戦略をとってしまうと、月収数万レベルといった痛い思いを味わう事になる可能性があります。

 

そこで今回は、書評の代わりにブログマーケティングの戦略について少しお話しようかと思います。

ぜひ続きをお読みください。

あなたの商品・サービスが欲しい客なんているのか?

「欲しい人に欲しいものを売る」

これは商売の鉄則ですよね。

ですが、この鉄則を妄信しすぎるのはどうなのでしょうか?

 

「なぜ、あなたのウェブには戦略がないのか?」でもターゲティングについて以下のような話が出てきます。

 

コーヒーを飲む人の中でも、「苦いコーヒー」「苦すぎないコーヒー」「酸味のあるコーヒー」があるが、全員に選ばれることはできない。自社の強みが活きるセグメントを探そう。「苦いコーヒーを買いたい」という人に選ばれるようになろう。

果たして、「苦いコーヒーを買いたい」と欲している人はどれだけいるのでしょう?

 

コーヒーを飲む人はかなりいるためそもそもの市場規模が大きいかもしれません。

ですが、市場規模がそもそも少ない商品・サービスだった場合、さらに絞り込めば絞り込むほどターゲットの母数は減っていきますよね。

 

たしかにインターネットの普及していなかった時代であれば、店舗が立つ周辺地域内での勝負や、新聞やテレビCMといった限られた媒体の中での勝負だったため、絞り込むだけで簡単に選ばれたでしょう。

 

しかし、現在のようにインターネットが普及した時代では、競合が溢れかえっています。

多少の絞り込みをしたくらいでは、もう特徴的でも何でもなく、そう簡単には選ばれません。

つまり、絞り込み戦略が効果的でない現代においては、絞り込めば絞り込むほどターゲットが減っていくというマイナスな影響の方が大きいのです。

 

もちろん、セールスコピーライティングでは成約率を上げるために絞り込み戦略を取ることが有効です。

が、商品戦略自体に絞り込み戦略を取り入れてしまうのは、に自殺行為でしかありません。

このような考えから、安易に「絞り込もう」「ターゲティングだセグメンテーションだ」と語っている書籍に関しては、時代遅れであまり参考にしてはいけないなあというのが正直な持論となります。

ブログマーケティングでは潜在層へのアプローチが必須

「なぜ、あなたのウェブには戦略がないのか?」では、SEO対策を「捨てる」という僕と同じ考えが取り上げられていました。

この点は興味深いなあとは思ったのですが、前述した通り少し時代遅れな話も含まれていました。

「来てほしいユーザーに来てもらえるサイト作り」という本質部分に間違いはないのですが、顕在層を集めるだけのSEOではブログマーケティングは上手くいきません。

 

そのため、SEOは潜在層と顕在層をそれぞれどのように集めるかという戦略が重要になります。

サイトやブログのTOPページでは「顕在層向けのビッグキーワード」を攻略し、全体のブログ記事で「潜在層向けのロングテールキーワード」を攻略するのが基本的な考えです。

顕在層へのアプローチ方法

TOPページには顕在層が来るため、顕在層が検討するために必要な情報をコンテンツとして用意します。

また、セールスページへの導線を用意し、あなたの商品・サービスを購入させるまでの流れを用意しておきましょう。

潜在層へのアプローチ方法

各ブログ記事に来るユーザーは潜在層であるため、いくらあなたの商品やサービスの説明をしても、いきなり話は聞いてもらえません。

そのため、まずはブログ記事の定期購読者とすることやお客のリスト化を目的に動きましょう。

 

リスト化とは、お客のメールアドレス(連絡先)を入手することで、一度入手さえすればこちらから能動的にアプローチすることが可能となります。

そのため、お客をリスト化するためのページも用意しておくことが重要です。

 

そこからはステップメールなどを利用したお客の教育の仕組みを用意しておきます。

「リスト化⇒ステップメールによる教育⇒販売」

これらを自動化しておくことで、潜在層のアクセスを集めれば集めるほど自動で収益が発生する仕組みが完成します。

 

まとめると、

  • 顕在層が比較・検討するための情報コンテンツ
  • 顕在層を購入へと促すLP(ランディングページ)
  • 潜在層を定期購読化させるための情報コンテンツ
  • 潜在層のリスト(連絡先)を取得するためのLP
  • 潜在層を教育(顕在層化)するためのステップメール

これらを用意し、『商品・サービスが売れるまでの仕組みづくり』をすることがブログマーケティングです。

仕組みができれば、SEO対策によって顕在層や潜在層のアクセスを流し込んでおけば
OK。

あとは自動で収益が発生するようになります。

ブログマーケティングの醍醐味

この仕組みをどのようにしてつくっていくかが、ブログマーケティングにおける戦略を考える上での醍醐味です。

どんな潜在層を集めるのかも、どんな情報コンテンツを用意するのかも、どんなステップメールを用意するのかも、すべて戦略によって決まっていきます。

 

ブログで月収数万円を達成できていない人たちは、このブログマーケティングの戦略が欠けている可能性が高いです。

一般の書籍に書かれている顕在層向けのアプローチを実践していては、市場自体の母数が少なく、ブログに集客する時点で苦労することになります。

 

今回は「なぜ、あなたのウェブには戦略がないのか?」を読むことで、ブログマーケティング戦略を伝えていく重要性を僕自身、再確認できました。

役に立たなかったではなく、ある意味こんなことが学べたなあとポジティブに捉えることも重要だなあと学べた1日でした!

それでは!

コレでもう集客に迷わない!

■内容の一部を紹介

・知らないと損する5つの顧客段階

・あなたの独占市場をつくるリスト構築

・ブログ、youtube、Twitterなど一般的なWEB集客の方法とそのデメリット

・即効性のある集客が無料でできる方法

・筋トレビジネスを始めたクライアントが30万円の利益を出すまでに行った4つのステップ

・周りがコツコツとブログやyoutubeを更新する中、1ヶ月で100人の見込み客を集める方法

などを学ぶことができます。

 

■読者が100人を超え次第、有料コンテンツにします

労働型のネット集客で疲れた人、もう集客で悩みたくない人は今すぐ無料でダウンロードをしてみてください。

今すぐ無料ダウンロード