ブログマーケティング

「情報サイトでオーソリティーを目指そう!」を読んで【半ば放置状態でもアクセスが集まるブログとは】

マーケティングプランナーの小川です。
今日も知識投資をしていきましょう。

今日は、書籍「情報サイトでオーソリティーを目指そう!」を読んで学んだ内容を共有します。

更新し続けないとアクセス数が維持できない。

こんな状態が続いていると、いつまでたってもブログ収入での自由化は難しいですよね。

半ば放置状態でもアクセスが集まるようにするにはどうすれば良いのでしょうか?

そんなことを考えさせられた書籍でした。以下、引用。

また、こういう経験は無いでしょうか?

「検索順位を調べていると、ブログ記事はなかなか順位が安定しないのに、古いタイプの「ホームページ」はいつまでも上位にいる。」

「明らかに何年も放置されているサイトなのに、アクセス数を聞いたらびっくりする数字だった。

この本を読んで、改めて、自由を求める僕らが目指すべきブログは「半ば放置状態でもアクセスが集まり続けるブログ」だなと再確認をしました。

 

「更新し続けないとアクセス数が維持できない。」「書き続けているのにアクセス数が伸びなくなってきた。」「せっかく作った記事が新しい記事に埋もれてしまう」

サイト運営者が集まると、よくこういう話になります。特にキャリア数年の中堅ブログ運営者から聞く悩みです。

逆に僕らが目指しちゃいけないのは、「更新し続けないとアクセス数が維持できないブログ」ですよね。

2つのブログの違いは何だろう?

僕は、PV数を強く意識しているブログ運営者が「更新し続けないとアクセス数が維持できないブログ」になりがちだと思っています。

例えば「ついに◯万PV達成しました~!」とコメントしている人など。

逆に自由を手にしている人は、「1日に100人集まれば十分だよね」って人が多い印象ですね。

この違いは、ブログへのリピーターをどれだけ意識しているかの違いが出ているんだろうと考えてます。

PV数を意識し続けるブログは、苦しい

PV数が多いブログは、1人の人にたくさん記事を読んでもらえて、何回もブログに訪れてもらう、つまりリピーターが多いことが必須条件です。

で、リピーターを増やすには常に最新記事を更新していかなきゃいけないと思っています。

そうすると当然、更新が止まればPV数は減っていきますよね。

 

グーグルアドセンスによる収益化を狙っている人にとっては、このPV数が生命線のため決して無視できません。

放置状態に大切なのは、新規ユーザーの獲得

  • 放置状態でもアクセスが集まり続けること
  • 放置状態でも充分な収益が発生すること

この2つがないと、自由は手に入りません。

だから僕は、リピーターよりも新規ユーザーを意識するようにしています。

そして、新規アクセスを収益に効率よく変えるために、サイトアフィリエイトやメルマガアフィリエイトで収益化を図っています。

放置状態でもアクセスが集まるキーワードを見つけよう

放置状態でもアクセスが集まり続ける状態を作り出すには、結局のところGoogleやYahoo!から新しいユーザーを集めるしかありません。

だから、「常に一定数検索されるキーワードを狙ってブログ記事を書き続ける」っていうシンプルな方法が、結局のところ重要です。

数は少なくても安定してお客さんを集めてきてくれるブログ記事が増えてくれば、半ば放置状態でも安定してくるようになります。

コレでもう集客に迷わない!

■内容の一部を紹介

・知らないと損する5つの顧客段階

・あなたの独占市場をつくるリスト構築

・ブログ、youtube、Twitterなど一般的なWEB集客の方法とそのデメリット

・即効性のある集客が無料でできる方法

・筋トレビジネスを始めたクライアントが30万円の利益を出すまでに行った4つのステップ

・周りがコツコツとブログやyoutubeを更新する中、1ヶ月で100人の見込み客を集める方法

などを学ぶことができます。

 

■読者が100人を超え次第、有料コンテンツにします

労働型のネット集客で疲れた人、もう集客で悩みたくない人は今すぐ無料でダウンロードをしてみてください。

今すぐ無料ダウンロード